二代目あいさつ

伝説の長持ちする家を探して


私達に、将来建替えやリフォームし続ける計画はない...


二代目 本間 喬さあ!もっと次世代に、どんぴしゃりな家を探しにいこう!

次世代にあるべき住宅の姿を探しにいきませんか!

あなたは、何年家に住み続けますか、維持していきますか?

これが何よりも住まいを考える時に気になることではないですか。

けれども、こんな会話がどこへ行っても出てこないんです。

私が、家を造りたい!と目をキラキラさせながら飛び込んだ建築の世界。

あれっ、ここが変じゃない??っていうことが多過ぎって感じたんです!!

単純に僕ら若い世代にとっては、何年維持していきますかどころか、あまりにも販売主導の建物内容ばかりで、いったいいくらお金を使わされるの?って感じたんです。

だって、家族に必要な家じゃなくて、常に売れる家を企画してるんですもん。

家族に必要なモノよりも、国策で補助金が出るモノばかりを売りにしているんですもん。

耐震力・断熱力・ブランド力などの力強さや数値ばかりをアピールしているんですもん。

見た目・デザインを最優先で設計しているんですもん。

必要なことって、そんなものじゃないですよね!

だって、今必要不可欠な建替え&リフォームをする上位理由は、こっちなんですから・・・

そのうち足腰悪くなって、全て1階で生活したいと思うんですから・・・

国策からして、そのうちほぼほぼ在宅介護になるんですから・・・

若夫婦が生活に余裕がなくて、実家に転がり込んでくるんですから・・・

収納も駐車場も足りなくなってくるんですから・・・

そのうち外壁や屋根が傷んできて、メンテナンス費に振り回されるんですから・・・

冷暖房機器は10年ごとに買替なんですから・・・

築30年も経てば、建替えしようかなって心配になるんですから・・・

誰も住まなくなった実家は、空き家になるんですから・・・

教訓を活かしませんか!子供達に胸を張れる住宅の姿を探しに行きませんか!

あなたは、何年家を維持していきますか?いくら住宅に費やしますか?

もはや高度経済成長期でもないのに、アクセサリーのように住宅購入していてもいいのだろうか。

住宅は30年もてばいいなんて、スクラップ・ビルド(使い捨て)を繰返していてもいいのだろうか。

これが、私の感じたことだったんです。

次世代へシフトチェンジしていきませんか?
一緒に探しに行きませんか?

みんなとりあえずモデルハウスへ行っちゃって、必要な家より販売されている家を買っちゃうんです。

せめて、これを読みうんうんと頷いているのならば、モデルハウスへ行く前に、維持年数、素材の耐久性、メンテナンス費(維持費)、将来の大リフォームの可能性の確認をしてからにしませんか?

住宅計画書作成チャレンジシフトチェンジへの第一歩として、
弊社はここ10年間「住宅計画書」の作成をおススメし続けているんです。⇒

まずは、整理しませんか。

進化した耐震力、断熱力、最新設備機器などは次世代も採用!

長持ちする住宅を受け継いでいくのならば、質が落ち退化してしまった構造材、屋根材、外壁材などは見直し!

本来、建物を建てるという技術力と構造設計以外は、素人でも計画出来るもの。

おおよその間取り、素材選び、維持年数、大リフォームの可能性の確認だって、ほぼほぼ素人でも出来るもの。

メンテナンス費は、ガチンコで一緒に試算しましょうよ。

これまでに積み上がってきた建築失敗談、後悔談にも目を通して、家族の計画書に活かしましょうよ。

お客さんがこだわってこそ、良いものができるはず。

そんな計画書が完成したのなら、今度は気になる業者を巡り始めましょう&モデルハウスへ行きましょう。

そこからが、本当のものづくり会社の真っ向勝負、そしてものづくりの底力を発揮する出番だ。


〜あとがき〜

客観的に建築を検証してみませんか?

例えば、

なんで日本車は欧米でも抜群に売れるのに、日本住宅は欧米で1つも売れないの?

ハウスメーカーがあるのは、なんで日本だけなの?

素人目&素人感覚って、結構大当たりしていませんか?

「この人、性格合いそう!」

「なんかうさん臭そう〜」

色々考えてはみるけど、判断の決め手となっている一番信頼できるものって、やっぱり素人目じゃないですか?

計画書を作成するにも、建築って難しそうって思われがちですけど、業者があえて難しいそうに言い回しているだけで、実はとっても簡単ですよ。ほとんどその素人目で判断できますよ。

建築の説明が難しく聞こえるなら、もはやそれはうさん臭いんです。

客観的 住宅クイズ!?客観的な素人目で、せひクイズにも答えてみて下さいね! ⇒

ベストなものは、素人目にもシンプルに見えるもの!

自分の家は自分で決めた方が絶対に楽しい!

様々な分野で、時代とのミスマッチが起きていますよね。

建築に携わる者としては、これは「出る杭を打たれ続けている場合じゃない!」と思うんです。

家は、スーパーで買い物するのとはわけが違うのだから、気合い入れていきましょう!

Copyright © 2006-2017 honma-koumuten Co.,Ltd. All Rights Reserved.